2006年04月04日

W42P-HR9000 W42P-H9000 W37P-HR9000 W37P-H9000 W32L-HR9000 W32L-H9000

日立製作所のテレビカタログ
液晶テレビ(デジタルチューナー有り)
液晶テレビ(デジタルチューナー無し)
プラズマテレビ(デジタルチューナー有り)
プラズマテレビ(デジタルチューナー無し)
HDD内蔵テレビ
ブラウン管ワイドテレビ(16:9)
ブラウン管テレビ(4:3)


日立、世界最高解像度を持つプラズマテレビなど薄型テレビ「Wooo」シリーズ6機種を発売(楽天市場)
(日立/地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ/W42P-HR9000 W42P-H9000 W37P-HR9000 W37P-H9000)
(日立/地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ/W32L-HR9000 W32L-H9000)

●概要
日立は、42V型、37V型のプラズマテレビでは世界最高解像度※を持つ「1080ALISパネル」を搭載し、細部まで美しい映像を表現できる地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビと、「IPSαパネル」を搭載し、スポーツなどの動きの速い映像をより鮮明に表現できる32V型の地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビの合計6機種を4月29日から順次発売する。そのうち3機種は、デジタルハイビジョンHDDレコーダーを内蔵し、テレビのリモコンの録画ボタンを押すだけで簡単に、素早く番組を録画することができる。
本シリーズは、プラズマパネルには富士通日立プラズマディスプレイの最先端パネルである「1080ALISパネル」を、液晶パネルにはIPSアルファテクノロジの広視野角を有する「IPSαパネル」を搭載し、日立グローバルストレージテクノロジーズの250GB容量のHDDと、日立メディアエレクトロニクスのデジタル・アナログ一体型チューナーを採用するなど、最先端のデバイス技術や高画質技術を活用し、日立の総合力を結集した製品である。

今回発売するプラズマテレビは、42V型、37V型のプラズマテレビでは世界最高解像度を持つ「1080ALISパネル」を搭載し、デジタルハイビジョン映像を細部まで美しく表現できる。また、従来から実現している輝きのある白色から沈み込んだ黒色までの階調表現だけでなく、新開発の「高色純度赤蛍光体」を採用することにより、映像の中で赤色をより忠実に再現でき、ありのままの鮮やかな色を楽しむことができる。

また、液晶テレビは、動画に強い日立独自の新開発技術「倍速スーパーインパルス表示技術」を採用した上、新開発の「IPSαパネル」を搭載したことにより、スポーツなどの動きの速い映像を、より鮮明に映し出すことが可能になった。また、500cd/m2の高輝度や、さまざまな角度から見ても画質が変化することのない上下左右178度の広視野角を実現し、広いリビングでの多人数による視聴にも適している。

デジタルハイビジョンHDDレコーダー内蔵の「HR」シリーズは、搭載するHDDの容量を250GBへ拡大し、さらにHDトランスコード/トランスレート技術である「XCodeHD」や、日立独自のHDD制御技術「HPSM」を採用することにより、デジタルハイビジョン放送をHDDの容量で500GB相当分、約50時間録画できる。また、ダブルデジタルチューナーを搭載することにより、デジタルハイビジョン放送を見る動作を中断させることなく、同時に別の番組を録画することができたり、デジタルハイビジョン放送を2番組同時に見ることもできる。さらに、HDDレコーダー内蔵であるため、テレビのリモコンの録画ボタンを押すだけで簡単かつ素早く番組を録画することができる。

加えて、本シリーズは、従来の画像処理エンジンである「Picture Master」を進化させ、デジタルハイビジョン放送をより高画質に表現するための画像解析や画像変換の処理を実現した「Picture Master HD」を新規に開発したことにより、動きの速いスポーツや、人の豊かな表現が求められる映画などの映像も、より高画質で楽しむことができる。

※2006年4月現在、日立調べ


posted by テレビカタログ(価格・スペック比較) at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | HITACHI(日立製作所) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。