2005年09月16日

PTV-55HD1 PTV-45HD1

サンヨー電機のテレビカタログ
液晶テレビ(デジタルチューナー有り)
液晶テレビ(デジタルチューナー無し)
プラズマテレビ(デジタルチューナー有り)
リアプロジェクションテレビ
HDD内蔵テレビ
ブラウン管ワイドテレビ(16:9)
ブラウン管テレビ(4:3)


サンヨー、小さなスペースで大きな感動を与える液晶プロジェクションテレビ「GRAFINA」を発売(楽天市場)
(サンヨー/地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶プロジェクションテレビ/PTV-55HD1 PTV-45HD1)

●25インチブラウン管テレビの設置コーナーがあれば、55インチの大画面を楽しめる

サンヨーの液晶プロジェクションテレビ「GRAFINA(グラフィナ)」シリーズは、ウィークデイにはテレビとして、ウィークエンドにはリビングに家族が集まり一緒に大画面で映画を楽しむ、そのような液晶プロジェクションテレビならではの使い方を通じて、家族で感動を共有し、いきいきと笑顔が輝く生活シーンを提供したいという思いから生み出された。「リビングに新たな感動と笑顔を」を開発コンセプトに、より多くの家庭に置かれるための「設置性」、映像ソースにあわせてぴったりの画質を映し出す「高画質」、より便利に使用できる「快適性」の3つのポイントを追及した。

11月1日発売の「PTV-55HD1」「PTV-45HD1」の最大の特長は、小型化した新光学エンジンの開発によって実現したスリムデザインと、コーナー置きに最適な鋭角台形の外観フォルム。これによって「PTV-55HD1」が必要とする設置スペースは55V型プラズマテレビと同等であり、25インチのブラウン管テレビを設置していたコーナーで十分設置できる省スペース設計。これにより「リビングが狭いから置けない」といった理由であきらめていたにユーザの要望にも応えている。●主な特長

○置き場所をとらない、省スペースで大画面

・奥行き40cm以下で大画面を実現
省スペースで大画面を楽しむために不可欠なスリム化を推し進め、投射レンズ、金属リフレクタランプ、クロスプリズムなど光学系の小型化(光学エンジンの容積は当社従来比60%縮小)により、「PTV-55HD1」では業界最薄※1の本体奥行き39.7cmを実現。
これにより、コーナー置きした場合25インチのブラウン管テレビとほぼ同じスペースに設置可能となった。また画面サイズを最大限に広げるスリムフレームデザインにより、「PTV-45HD1」では幅、高さとも42V型クラスのプラズマテレビと同等のサイズながらも、45V型の大画面を実現している。
※1:2005年9月16日現在、50インチ以上の地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナ内蔵プロジェクションテレビにおいて


○番組やソフトに合わせて選べる、多彩な7つの映像モード

・映像ソースに応じた7つの映像モード
映像ソースに応じた7つの映像モードを用意し、独自の高画質技術により豊富な映像を楽しめる。
「ピュアシネマモード」では特に映画を楽しむ場合、より映画館のフィルム映像に近い絵作りのしっとりと落ち着いた情緒豊かな映像表現を行い、「クリエイティブシネマモード」ではコントラスト感や立体感を重視したSFXやアクションなどにとジャンルにあわせて好みのモードを選択できる。
またテレビとして、「ダイナミックスポーツモード」では緑、青をより鮮明な色で再現し、明るくくっきりとした映像にてサッカー、野球などのスポーツ番組を楽しめる。
その他にも、ゲームに適した「アクティブゲームモード」、コンサートなどをはっきり色鮮やかに映し出す「ホットライブモード」、バランスの良い標準的な画質の「標準モード」、オリジナル感覚で好みの画質を調整できる「マイイメージモード」などがある。

・リビングシアターに最適なシネマ映像を再現
液晶プロジェクションテレビがリビングシアターに適している理由は大きく2つある。
1つは、液晶プロジェクションテレビは、映像が投射されるスクリーンに印刷されたブラックストライプにより外光を吸収するため、明るい部屋でも映り込みが少なくコントラスト感のある見やすい映像表現ができる。
もう1つは、R、G、B独立した3つの液晶素子で作られた3原色の映像をプリズムでひとつの色に合成して投影しているため、映画館のフィルム投射に近い映像表現が可能になる。PDPや液晶テレビなどはR、G、B3色のドットをそれぞれ光らせて、目の錯覚により色を認識させているのと異なり、液晶プロジェクション方式は画面が大型化すればするほどフィルム映像に近い表現能力となる。


○電源再投入ですぐ出画、業界最速クイックオンスタート機能搭載

プロジェクターやプロジェクションテレビに使用しているランプは、ランプを保護するために電源をオフしてからランプの温度が下がりきるまで一定時間を待たないと電源の再投入ができない。サンヨー独自開発のクイックオン機能は、特殊なランプ電流制御を行うことにより電源の再投入※2でも直ぐに出画することができるので、電源が入らないことや映像が出ないことによるイライラ感が解消される。
さらに、電源やランプ制御システムを最適化することにより、電源立ち上げから出画までの時間を業界最速の約15秒※3に短縮した。
※2:電源オフ後4分以内
※3:2005年9月16日現在、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナ内蔵液晶プロジェクションテレビにおいて


○その他の特長

・省電力設計、ノンハロゲン樹脂採用など環境面に配慮
液晶プロジェクションテレビは小型の液晶パネルを効率よく拡大投射する構成のため、消費電力も同サイズのプラズマテレビや液晶テレビと比べても少なくなっている。
六価クロム、カドミウム、PBB(ポリ臭化ビフェニール)、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)を全廃し、プリント基板に無鉛半田を使用、またキャビネットにはノンハロゲン樹脂を採用するなど環境に配慮する部材を積極的に採用している。

・高画質フルデジタル10ビット映像エンジン搭載
新開発画質補正ICを搭載、従来の回路では実現することが困難であった鮮鋭感とコントラスト感、ダイナミックな色表現を実現した。画像1枚ごとのAPL(平均輝度)や輝度の分布情報・彩度などの情報を高速処理しリアルタイムに分析。その分析結果をそれぞれの画像に最適なガンマ補正・輪郭補正度合や3Dカラーマネージメントなどを反映させることでダイナミックな映像を再現することが可能になった。また、映像信号はすべての部分で10ビット処理され、スムーズな階調表現を実現している。

・豊富な接続端子
デジタルコンテンツの魅力を最大限に引き出すデジタル入力端子「HDMI」を搭載。また、D4映像入力端子2系統に加え、コンポーネント映像入力端子(Y/PB、CB/PR、CR端子)、PC入力端子(アナログRGB)、デジカメ端子など様々な再生機器をダイレクトに接続可能。これからのデジタルライフの楽しみがますます広がる。


posted by テレビカタログ(価格・スペック比較) at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | SANYO(サンヨー電機) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。